脳出血を発症し
入院してから11日目になります

すっかり、病院の高血圧食に慣れてしまう

ボーッと感はあるものの今朝も調子がいい
8時に出された朝食も完食だ
お米一粒も残ってやしない
おかわりが欲しいほどに食欲が回復しています

入院したばかりの頃
初めて入院食を食べた時
味付けを忘れちゃってんじゃないかと
勘違いをするほど味が薄く感じて
友人が持ってきてくれた「ふりかけ」を使わないと
ご飯が食べられない状態でしたが

最近では、味の薄さは感じるものの
普通に食べることが出来るようになっております


でも、退院してからの食生活に不安を覚えます
見舞いに来てくれた仲間なら気を使って外食に誘いはしないでしょうが
取引先との食事で焼き肉などに誘われたら
私、断る自信がございません。




朝食4完食

食事を取り終えて、ベッドの上で思う。

昨日、外への散歩に出かけたけど
とても疲れたわりには妙に頭がスッキリしていたなぁ、
それに気分も良かったな・・・と。
やはり、歩くことが今の私には大事なんだなと改めて感じる。

今日も黙ってリハビリの旅に出る


今日の午前中は院内で階段歩きをして
午後になると気温が少し上がるので外へ散歩に出かけることにします

財布を持って歩こうと思ったけど
パジャマのポケットにスマホや財布を入れて歩くと
ズボンがずり落ちちゃって歩きにくいので
電子カードだけを持って歩くことにします

2月だけあって、外の冷えた空気が喉に入ると少し息苦しく感じるが
徐々に体を慣らしていかなくちゃと考える

もちろん、言語リハビリも忘れておりません
「パ」を連続で喋り
「タ」、「ラ」、「カ」を続けます
その後「パタラカ」を繰り返します

そうやって昨日歩いた場所まで歩いてみるが
昨日より楽に歩けます
欲を出して今日は、もう少しだけ距離を伸ばして
その先にあるコンビニまで行って
ブラックコーヒーを買って帰ります


IMG_1100


コンビニの袋をプラプラと下げて病院へ戻る

看護婦さん達に、こってり油をしぼられる


ナースステーションの前を通りかかった時
看護婦さんに呼び止められます
どこへ行っていたの?
手に下げたコンビニの袋を見て
まさか、あそこのコンビニまで歩いて行ったの?
えっ、ええ
そんなに歩けるまでに回復したのね~」と言ってもらえるのかと思ったら
看護婦さん 担当の先生 言語リハビリの先生達に
寄って集って説教を受けます
あの優しい看護婦さん 担当の先生はどこへ行ったの~

当たり前でしょー、
外出届を出さないと駄目に決まっているじゃない

なんで何も言わずに出ていったの?
返す言葉は一言もございません

「し、しゅみましぇん」


58歳の初老が(ぐぅの字も出ねぇ!)

でも、病院側からすれば当たり前のことです
患者が勝手に出歩いたにしても何かトラブルが起きた場合
病院側に責任が降りかかるのですから当然ですよね~
(って、お前が言うな)

しばらく病室で反省した私は
トイレへ入り、一人泣きます・・・・シクシク

・・・というのは真っ赤な嘘で
トイレの手すりを使い軽いスクワットを始めるのでした
(全く、こりていない私なのであった・・・)

          つづく