脳出血を発症して11日目になります。

ようやく明日、無事退院という運びとなりました。
(これで、無罪放免だぜぃ)

退院ということで看護婦さんたちから色々と説明があるのかと思いましたら
退院してからの生活についてなどの説明らしいものもほとんどなくて
明日朝、朝食をとってから
10時に1階の総合受付で入院費の支払いをしてくださいね・・・と

とてもあっさりとしたものでした


これで入院生活も終わりかと思うと
嬉しさ半分、寂しさ半分です

結局、脳出血で入院して2週間の入院生活だったわけですが
最後にMRI での画像などを見ておきたくなったので
担当医の先生にお願いしてみましたら
ナースステーションにある一台のパソコンから
私の、脳の画像を見せてもらえることになりました

自分の頭の中を初めて覗く

最初の一枚目は脳の血管の3D画像
それぞれの血管はカーブをしてはいますが
シュッとしていて、瘤(こぶ)などは一つも見つかりません

次に2月7日に脳出血を発症した時の画像を見せてもらいます
そこで私、「先生 この画像から見て脳は萎縮してないですか?

先生「えっ、そっちの話?

どうも先生、脳出血の症状から説明をしたかったみたい
ごめん、先生 腰を折っちゃって・・・
でもね、この歳になると脳の萎縮からくる認知症などが
とても気になるのです

大丈夫ですよ脳は収縮してませんよ・・・そんなに。
(先生、日本語おかしくないですかぁ?)




その後、脳の輪切りの画像を見せてもらい
出血の部位を確認する
これが脳出血を発症して病院に運び込まれた時の画像です
画像左中央に見える、白い楕円の丸い部分が
脳の出血です
(脳の場所でいうと右になります)

2月7日脳出血画像


翌日の8日の画像です
集中治療室にいた時の画像ですね
記憶に無いけど・・・
2月8日脳出血画像



次が、入院をして1週間ほど経った2月15日の画像です
出血が、ずいぶんと薄くなっています

2月15日脳出血画像


別に出血の部位を知りたかったわけじゃないんだけど
視覚で確認できるのは、理解しやすいです

結局、私の脳出血の原因は?



しかし、私が知りたかったことは脳出血を発症した原因なのです
先生と少し話をしてみましたが
冬の寒さと様々な要因で急激に血圧が上がり、血管から出血した」と言う結果になりました
でも元々、血圧が高くない私です
それに、タバコもすいません
それじゃ、毎年冬になったら怯えなきゃならないの?
先生、もう少し詳しく教えて。


先生「やはり、血管も年と共に老化していきます
そこへ血液が急激に流れ込むことで出血をする可能性は高くなります


先生「ところで、お酒は飲まれますか?

私「はい、大好きです

先生「毎日どれくらい飲まれますか?

私「ビール500ccを二本飲んで、それから焼酎です

先生「それは飲みすぎです。脳出血のリスクが2倍ほどになりますので
 退院したら必ず量を減らして下さい



どうも、適量だとビール中瓶1本、または焼酎やお酒だと1合までと聞き
愕然とします

脳出血の再発を考えると酒は止めたほうが良いとも言われ
退院後の生活に大きな不安をおぼえるのでした。


               つづく