ひと月の医療費が高額になった時に使える
「高額医療費制度」があります

健康保険や国民健康保険などの助成制度です
病気や怪我などでの入院費が高額になると
還付されると言う、とてもありがたい制度なのです

ただし、1ヶ月ごとの期限になりますので月をまたぐ計算にはなりません

しかし、そのひと月に高額な入院費があった場合
家族の医療費も合算できるというのは、お得な話です


私もこの度、脳卒中の発症で入院するまで
そんな制度があることすら知りませんでした

入院費が高額になると「限度額適用認定証」がお得


担当の看護婦さんが病室に来た時に教えてくれたのです。

先にこの高額医療費制度の限度額適用認定証を作っておいて
支払い時に使うほうが負担が少なくなりますよぉ


私の退院日は2月19日で
結局、支払わなければならない金額が
204,944円でした

もし、ここで限度額適用認定証を受付に出せば
支払い金額は、20万円支払うところが、
およそ8万円くらいの支払いとなり 安く感じますが 
私は、あえてクレジットカード決済で全額を支払いました

IMG_1147


私の使用したクレジットカード会社はJTBのリクルートプラスです
締めは毎月15日で引き落としは翌月の10日です
ですので口座から落とされるのは
たぶん、4月10日になります

その間に役所など加入先の公的機関の窓口で申請しておけば
還付金は2~3ヶ月後に銀行口座に振り込まれます

そう考えてみますと 銀行口座内の金額の動きは
ほとんどタイムラグがない状態になります

私が「限度額適用認定証」を支払いに使わなかった理由


「じゃあ、このやり方で何のメリットがあったんだよ!」
と思われたでしょうがもうお分かりですよね

クレジットカードでのポイントをゲットしたのです
私が今回使用したリクルートプラスカードは
2%の還元率でしたので
4千円ほどのポイント小遣いを頂きました


入院費と比べてみますと
とても小さな金額ではありますが、
節約の一つのネタとして利用下さい


あれっ?限度額適用認定証の期限が短いぞ

限度額適用認定証


今年の2月末に限度額適用認定証を発行してもらったのですが
この認定証に書いてある期限を見てみましたら
期限が7月31日までになっているのです
半年もないのか 結構短い期間なんだな」と
思い、役所に電話で聞いてみましたら

年度の切り替えの関係で7月末の31日で一度切ることになっているらしい
ですので7月の25日位から更新することにより
限度額適用認定証を交付してもらえると言うのです

そんな事、限度額適用認定証の交付時に教えてくれるか
どこかに書いてくれていればいいのに・・・
知らなければ、7月末で終わりだと思いますよね 普通。
相変わらず親切心のない、お役所仕事なのですね