毎日、お暑うございます。
子供の頃なんて、気温が30度を超えちゃうと
ニュースに取り上げられていたような記憶がありますが、
今では、35度なんて夏の通過点のような気がします。
週間天気予報では甲府の方で、最高気温が40度近くになるとのこと
聞いただけで汗が吹き出してしまいそうです

気温が40度近くになっちゃうと、
体内の血管を流れる温度をはるかに超えてきて
血が煮えてしまいます。

体調管理には十分お気をつけ下さいね

脳卒中と脱水症の症状


脳卒中と聞くと冬というイメージが強いですが
冬は血管が収縮しての「脳出血」が多くて
夏は脱水症状からくる「脳梗塞」が多くなるのですね

一度脳卒中を発症した方なら経験しているのですが
ろれつが回らない
めまいや頭痛
手足のしびれや脱力感
が特徴ですよね

でも、この脳卒中の特徴って
水分不足の「脱水症状」にも
とても良く似ているのです

もし、上記の症状を発症したら
脱水症と脳卒中をどこで見分けるのか?
脱水症だと思っていたら脳梗塞だったのでは
洒落になりません


なんて思って調べてみましたが、よくわかりません

ならば血液がドロドロ状態になることを
避けることに注意を払うしかないですね

だって、もう二度と脳卒中なんて味わいたくないですから。

夏の脳梗塞予防は水分補給で


やはり、夏の脳梗塞を予防するには
まず、脱水症にならないことです
当たり前ですが、小まめな水分補給をしましょう
外へ出ることが多い方は、ポカリなどの塩分を含んだ飲料を。
冷房をきかせた室内では、麦茶などを小まめに補給する必要がありますね

室外では汗をかきますので飲料の必要性を感じますが
室内ですと汗をかきませんので水分補給を忘れがちになりますので
気づかないうちに脱水症を発症しやすいので注意が必要です

私も最初の頃は、「水分の摂り過ぎで
夜中に何度もトイレに行くようになるんじゃ」
なんて思っていましたが
就寝時、200ccの水分が失われると言うので
寝る前にそれと同じくらいの水分を取ってから就寝するようにしています

それと、お酒を飲んだら、いつもより多めの水分を摂りましょう



脱水症には麦茶



一度飲むだけで脳卒中で絶対に倒れない飲み物


さて、話は変わりますが

一生に一度飲むだけで脳卒中で絶対に倒れない飲み物」があるらしいです

「神奈川県厚生年金受給者協会横須賀支部」が配布した資料らしいのですが
【材料】
・卵の白身
・ふきの葉
・清酒
・梅漬

この4つの材料をすりつぶして混ぜ
それを飲むと脳卒中で絶対に倒れないと言われています


昭和の時代にコックリさんやピラミッドパワーなどが一時期流行りましたが
この脳卒中の飲み物も似ているような気もします
これも「信じる者は救われる」なのでしょうか?


信じるか信じないかはあなた次第です。