さて、久しぶりにグーグルホームのネタでございます
と言うかAIスピーカー全般に使えるネタですが・・・

脳卒中で物忘れがひどくなった方へ

どうも脳卒中を発症してからというもの
すぐに忘れちゃうってことありませんか?

脳卒中を発症する前でしたら
普通に2つ3つの物事を同時に考えたり組み立てたりすることができましたが
今の私ですと、どちらかを1つ完全に忘れてしまったりします
いえ、時間が経つと両方共忘れてしまってたりもします

TV番組などを見ていて
「おっ、これ便利そうだな」なんて思って
メモしようと思うことってありますよね
でも、そういう時に限って電話が鳴ったり
「ピンポーン」と宅配が来たりで
対応して終わったときには
???・・・・なんだっけ??」とか



え~っとスマホスマホっと
スマホを探しだして、アプリを立ち上げて打ち込もうと思った時には
ん?なにをメモしょうとしたんだっけ??
なんてことは ありませんか?
(初期の認知症を脳卒中のせいにしている感もありますが・・・)

グーグルホームに話しかけるだけでエバーノートにメモ


そこで最近、私が使っている便利技なのですが
忘れそうなことや思いついたことがあれば
グーグルホームに話しかけるのです。
その話した言葉がエバーノートのTodoリストにメモされていくのです


グーグルホームからエバーノートへメモ
洗い物で手が濡れていようと
何かを持っていて手がふさがっていようと
たとえ、彼女とベッドの中に潜っていようと
何かを思いついたらグーグルホームに話しかけるだけで
次々とメモされていくのです

ですので、あわててスマホや筆記具を探す必要はございません

OK,Google!エバーノート「オイル交換」

エバーノートにメモしました

OK,Google!エバーノート「ベランダの掃除」

エバーノートにメモしました

OK,Google!エバーノート「ローソン引き取り」

エバーノートにメモしました




グーグルホームやAmazonのアレクサなどはAIスピーカーと呼ばれていますよね
このAIスピーカーの基本が
「照明をつけて」と言うと照明がつく。
「今日の天気は」と聞くと天気を答えてくれる。
というような設定をされています

この流れを自分で作ってやる事ができるのです

例えば
OKGoogle、エッチビデオ」と言うと「あんたも好きね~」と
答えてくれるような設定も出来るのです
(そんなこと、誰もやんないだろうけど・・・)

グーグルホームとエバーノートの「IFTTT」設定のやり方




そのような設定をするのが「IFTTT」(イフト)というサービスです
IF(もし)、This(~ならば)、Then(その時は ) That(~をする)
の頭文字を取っているらしいです

私は、こちらのサイトを参考に設定しました↓
Google HomeからEvernoteにメモ!「ねぇグーグル」で話すだけでメモ出来る!

上のサイトを参考にして設定すれば
グーグルホームに話しかけた言葉が
エバーノートに記録されるようになるはずです
ただ、上記のサイトの説明はノートを作成 Create a note 」の設定なので
話すたびにノートが追加されてしまいます


もし、一枚のノートにTodoリストを作成したいのであれば
Append a to-do to note 」を選択して
同じように設定すれば喋った言葉が一枚のノートにTodoリストとしてメモされます

この機能を使うためだけにAIスピーカーを購入しても損はしないと思います
それに「IFTTT」(イフト)のアプリも毎日のように増えておりますので
今以上に便利な使い方が増えていくことでしょう

この「AIスピーカー」達は、絶対におすすめです!!