最近、我が家周辺の駐車場でトラブルが相次いでいる

隣のおばちゃんと話をしていたら
おばちゃんの車も傷を入れられたらしい

それもあってか、ちょくちょくおまわりさんが巡回には来てくれる
しかし、一日中張り付いてくれる訳にはいかない

室外防犯カメラ(wifi IPカメラ)買ってみた~

抑止力のためにダミーカメラを取り付けようと思ったけど
夜間も撮影できる監視カメラも数千円と安いので
Amazonで購入しました
商品名が少し長く、

「室外防犯カメラ 1/4"CMOS WiFi IPカメラ 夜間撮影可能 1080P ワイヤレス 監視カメラ 動体検知機能搭載 防水レベルIP66 スタンダード型 室内と室外対応 4sdot」

もちろん数千円ですので中国製となりますが
最近の中国製品のレベルはとても高いのです

万が一、不良品であっても直ぐに交換をしてもらえますし
1年間の保証付きです。
困ったことがあってもメールで問い合わせると
翌日には返事をもらえるのは安心できます


さてこれがAmazonから送られてきた防犯カメラがこちら↓
(あら、画像が逆だった・・)


IMG_1169


箱を開けると
・簡単すぎる説明書と
・カメラ本体、
・1メートルのLANコード、
・3メートルの電源アダプター、
・その他でした。


室外防犯カメラ(wifi IPカメラ)取り付け開始~


最初にSDカードの取り付けです
なんと本体内部の取り付けになります
(この作業が一番面倒かも・・・)

本体上の黒いカバーに型式などを書いた銀色のシールをめくり
カバーと本体を固定している一本のプラスビスを外して
(小ドライバー必要)カバーを後ろへスライドさせておきます


蓋を左に回して外し、黒く薄いプラスチック反射板を
ピンセットのようなもので剥がします
IMG_1175


基盤が2本のネジで止まっていますので外します

外すネジは基盤の切り欠いた部分の2本のネジです


IMG_1176

外した基盤に32ギガのマイクロSDを
カチッと音がするまで差し込み
基盤や反射板、キャップなどを復旧します
(私、この時点で同じ位置に戻さなかったため
 画像が90度回転していました)


IMG_1177


さて、本体をどこに取り付けようかと思ったのですが
LANコードの長さなどを考えて室内に取り付けることに。
(長いLANコードを準備して外部に取り付けようかとも思いましたが
 威圧感がありますので、やはり室内に。)

次に、どうやって固定するかを考えます
あまりお金を使いたくなかったので
家にあった木製のカップコースターに本体を取り付けます


IMG_1180


それ以外には取り付けに使えるような材料が家には無かったので
近所のホームセンターへ行き、
ちょうど建材コーナーで見つけた200円くらいのステーを2枚買ってきて
その一枚をカップコースターに固定します

IMG_1174

もう一枚のステーをアルミサッシと目枠を止めているネジ穴を使って
固定します

IMG_1173

ステーを付けた本体と上のステーをボルトで固定します
本体の首の角度は6角レンチが入っていますので
これで調整できます
アンテナが入っていましたので本体横にねじ込みます

IMG_1171

配線ですがルーターからのLANコードと電源アダプターからの線の2本だけです

IMG_1172

次に簡単な説明書を読みながら
スマホとPCで見られるように設定をします・・・が
説明書の日本語がおかしい・・・
この監視カメラのサイトへ行き
必要なアプリなどをダウンロードして設定です

途中、グーグルで「SV3C 960P 設定」で検索すると
設定していた方がブログにアップしていらっしゃいましたので
それを参考にしながら設定しました


まず最初にスマホに映った映像は、想像以上に綺麗です
その後、PCでも見られるようにします
PCでは4台以上のカメラの映像までを同時に見ることが出来るようです

設定後、半日ほど使って本体を触ってみると少し暖かい。
何度程かなと計ってみましたら冷房のきいた室内で35度でした

問題になるような温度ではないようです

IMG_1189


動体検知機能を持ち、夜間も撮影できる監視カメラです
その上、検知したらスマホへ通知する機能や
定時録画ができるなど様々な機能があります


これだけの機能を持った防犯カメラが数千円で購入できるのです
良い時代になったものです