実は、一日がかりでこれを作った。
まさか、これが一日もかかるとは思わなかった・・・ハァ。
精霊馬ではない


今日は、8月16日。
先祖の霊を送り出す日だが
ちなみにこれは精霊馬ではない(笑)

この工作の課題は、電動工具無しで
プラッチックを加工することだ。

今回の工作で買ったものは
一枚のアクリル板(10センチ角)と このプラスチックの箱だ
(幅:10センチ 高さ:21センチ 奥行き:11センチ)
なんと防水製だ
両方で1700円くらいだった


加工する材料

何故、電動工具無しでプラスチックの加工をしようと思ったのかと言うと
この箱の中に「Amazonで買ったブツ」を入れて固定をしようとしたのだが
それをするには、この小さな箱の内部で寸法をとって、
箱の中から外へ向けて穴を開けなければならない
なのでドリルなど電動工具が入らない



実は、ホームセンターで工具のレンタルをしているので
借りてくる手もあったが
レコードレンタルと同じように(いつの時代だよ)
また返しに行かなくてはいけないし
終わる時間もわからなかったので
家にある手工具だけで加工することに決めた。
(金はないが時間はある)

まずは箱内部から寸法をとって箱の中から穴を開ける
実は、最初の穴あけをどうすればよいのか
いろいろと考えてみて
結局、ガスレンジの上に餅焼きの網を置き
釘を焼いて、それをラジオペンチで挟んでから
穴あけをすることにした
「ジュッ!」

焼いた釘で穴あけ

少し穴が開けば、後はホビー鋸で切っていきます
「ギコギコ、ギコギコギコギコ、ギコギコ・・・・」
当然きっちりとした穴にはなりませんので
ヤスリで修正していきます

「ゴリゴリ、ゴリゴリゴリゴリ、ゴリゴリ・・・・」

画像中央に見える黒い部分は、配線時、水が入らないようにするゴムブッシュだ
下穴の直径は34ミリくらいだった
これも先程、ホビー鋸で開けておいた
(完成品は屋外で使う予定なんだ)

畳の上に養生をして作業をスタートしましたが
もう部屋はとんでもないことになっています
足がしびれてきたので立とうと思っても
足にプラスチックの切粉がびっしりとついてしまっていて
立ちかけたときに四つん這いになってしまい
余計プラスチックの切粉が部屋を汚す・・・

プラスチックに穴あけ

なんとか形になり、周りのバリを取る

次はアクリル板のカットだ

アクリル板をカット2

これは定規をあててからプラカッター(右に見えるカッター)で
2,3回、引っ掻いてから折るとパキッと簡単に折れる

ここで、箱の中に収めようとする「ブツ」を入れてみる
すると、なんということでしょう~
蓋が閉まらない ・゚・(。✖д✖。)・゚・
計算ミスか?

箱の底にある突起をゴリゴリと削り
内部にスペースを作る
なんとか蓋が閉じるようになった(ラッキー!

実はこの段階で、もし蓋が閉まらなければ
もう一回り大きな箱を買い直さなければならなかったのです
それに穴を開けてしまって使えなくなったこの箱の使い道もございません

ホッとしながら箱の中を掃除してから
防水テープを貼り、先程のアクリル板をくっつける

防水テープを貼りアクリル板

これでプラスチック内部の加工は終わりです
最後に銀色の金属の足を2本、取り付けます
「セットフロアーナット付きプレート」という名称らしい
セットフロアーナット付きプレート


下が今回のプラスチック加工で使った工具


プラスチック加工に使った工具

あ~疲れた。
これから部屋の掃除がもっと大変そうだ

もうこの時間じゃ
すっかりご先祖様もお帰りになったことでしょう
・・・・それも呆れ果てて・・・・

さて、問題です。

この箱の中に入れようとしている「Amazonで買ったブツ」とは何でしょう?

答えはこちら!