私は、うどんやカレーが好きだ。
中華料理はもっと好きだ!
(どこかのCMみたいだな)


餃子の塩分量


五香粉、豆鼓、豆板醤、花椒などの香辛料をたっぷりと
使った中華料理は週に一度は必ず食べに出かけておりました。


しかし、今年の2月に脳出血を発症してからは
中華料理屋へ一度も行っておりません
いえ、中華料理屋だけではなく
外食そのものを食べに出ておりません

だって、好んで食べていたもの全ての塩分が
ビッグマック 2.8グラム
ハヤシライス 4.4グラム
味噌ラーメン 8.8グラム
きつねうどん 6.2グラム
・・・・と高いものばかりだったですから

「塩分 半端ないって!」

中華料理の塩分量も凄い



中華料理は強火で瞬時に炒めるので、野菜などはビタミン損失が少ない
ヘルシー料理だと言われますが
その実、カロリーが高く、塩分の高い料理が多いのです
その上、油も多く使われております

ラーメンやチャーハン、八宝菜などが
むしょうに食べたくなる時がありますが

なんと八宝菜の塩分量は7,6グラムと言われています
一日の塩分摂取量をこの八宝菜1つで超えてしまうのです


それに中華料理屋へ行って八宝菜だけ食べて帰ることってないですよね
スープや餃子なども一緒に注文しますと
塩分は10グラムなんて簡単に超えてしまいます

大阪王将では餃子が100円に

その餃子もとても美味しいわけなのですが
なんと大阪王将では9月の1日限りで餃子100円セールを開催するそうです


餃子一個あたりの塩分が0.25~0.3グラムですので
20個食べると6グラムです
30個食べると9グラム・・・

う~ん、こんな事ばかり考えていると
食べるものも無くなってしまいますよね

摂りすぎた塩分をペイする方法


そこで私考えました
  1. カリウムをしっかり摂って体内から塩分を排出する
  2. 水分をたっぷりと摂って有酸素運動で塩分を排出する
  3. 一週間トータルで塩分量の帳尻を合わせる



一日の塩分摂取量を6グラムとした場合(WHO推奨)、
中華料理など外食をしちゃうと6グラムなんて簡単に超えてしまいますので
少し、考え方を変えて他の日の塩分摂取量を減らして
一週間で42グラム以内に収めるという考えはいかがでしょうか?
ちょっとズルかな?

・・・と自分で餃子を食べに行く理由を作っているのであった・・・

もう一度だけ言います
大阪王将では9月1日限りで餃子100円セール開催されます