ようやく夏の暑さも和らぎ・・・
と言おうと思っていましたら
すっかりと涼しくなってまいりました

これからは一雨ごとに気温が下がっていくのでしょうね
衣替えの準備も早めに済ませておこう

いや、その前にやることがある。

「それはエアコンの手入れだぁー!」

私の部屋にあるPanasonic製のエアコン

エアコンを終わらせるときに停止ボタンを押すと
エアコンのカバーなどが自動で閉じていき
内部ではお掃除ロボットがフィルター類をブラシがけをしてくれるのですが
とうとう、この夏の真っ盛りの時期に壊れてしまいます

普段でしたら停止ボタンを押したら
ウィーン、クキクキ、シャー」と軽い音がするのですが

その日は違いました

ウィーン、グキグキ、メキメキ、ビシビシッ!
今にも壊れてしまいそうな音です

原因はエアコン内を横にスライド移動するお掃除ロボット
斜めになってしまい動きが悪くなっていて異音を発生していたのです


お掃除ロボット
(上の黒いやつ)
ネットで調べてみても
このお掃除ロボットはトラブルが多いようです


どうやって直そうかな?」としばらく考えていましたが
直したところでまた壊れるのだったら
いっその事動かなくすればいいんじゃないかと・・・

お掃除ロボットが作動するオンオフのコネクターを探してみましたら
本体右上部に2芯のコネクターを発見!

引っこ抜いて動かなくしました~
(画像がブレブレでしたね)
お掃除ロボットを動かなくする

それと本日のメインイベント
エアコン内の掃除です

このパナソニック製のエアコンは
リモコンの「本体内部」ボタンを長押しすると
ルーバーが全開になりますので
全開になったらコンセントを抜いてから作業開始です

エアコンのルーバーを全開にする

私、タバコは吸いませんので
アルミフィンの掃除はせずにフィルターのみ
浴室で薄めた中性洗剤で洗って終わりにします

一番カビや汚れが酷い部分が
毎回エアコン使用時に回転している黒いドラム(シロッコファン)です
シロッコファンの掃除用ブラシ

ルーバーや羽根に気をつけながら
100均で買ったブラシを横に動かしながら
シロッコファンの汚れを落としていきます
ボロボロと黒いカビが落ちていきます

この落ちていく黒カビを見るとゾッとしますぞ。
シロッコファンの掃除


その後は、無水アルコールに柄の長い綿棒を浸して
ドラムのフィン部?をヨコヨコにこすっていきます

綿棒と無水アルコール

上向き姿勢での掃除ですので
かなり辛い作業で疲れます
汚れは綿棒で拭き取るというより
こそぎ落とす感覚です

とても地味な作業なので
休みながら続けていきます
最も私の苦手とされる忍耐が必要な作業です

シコシコ シコシコ シコシコ・・・・

「・・・・金はないが時間はある」
「・・・・金はないが時間はある」
「・・・・金はないが時間はある」
「・・・・金はないが時間はある」

と呪文を唱えながら続けます
エアコン内のカビ



ようやく綿棒についた汚れも薄まりました
結局、綿棒は40本程使ったようです

この綿棒の下に見える黒カビ
これを毎日吸っていたのですよ

うえっ

毎回タイマーでエアコン終了時には温風で乾燥させる「おそうじ運転機能」を
作動させていましたがこのシロッコファンのカビ汚れには、ほとんど効果がないようですね
まぁ、無いよりマシかも・・・・

お金があれば業者にクリーニングを依頼されるか
私のようにお金はないが時間がある方には
このエアコン掃除法をお薦めします




私の心の汚れも落ちればいいのに・・・(ボソッ)