最近は、気温が高くなったり低くなったりと
血圧の変化とともに体調も崩しがちになりますね。

大型連休前半(NHKみたいだな)は、
気温が急上昇した日がありまして
「まだ、4月だよなぁ なんでこんなに暑いんだ~」

と、太陽を睨みつけながら腕で額の汗を拭っていましたが
ループ織りのスウェットのおかげで汗をグングン吸ってくれるので
背中に汗が流れるようなことはありませんでした。

もしも、裏起毛のスウェットを着ていたら
背中に汗がタラタラとつたっていたことでしょう
あの気持ち悪さと言ったら・・・


ループ織りってタオルのような生地なのです。↓
汗を吸うループ織り


今では、「スウェット」って言いますが

子供の頃は、みんなトレーナーって言ってましたよね
今どき、トレーナーって言うと笑われちゃいますが・・・・
(トレーナーって言ってたのは日本だけらしい)

初めてトレーナー(スウェット)との出会いが
中学生の頃、部活で買った(買わされた)グレーのチャンピオンスウェット。
憧れのUSAタグを見てうれしかったことを覚えています
汗をかいていくとグレーのスウェットの色が
深い色に変わっていくのが何故だか好きでした

夏以外はほとんど、それを着てトレーニングをしていましたが
とても作りがしっかりしていて破れるようなことは一度もありませんでした



(後から知ったのですが、チャンピオンのスェットは
品質の高さから米軍に正式採用されていたらしいですね)

ループ織りのスウェット

それ以来、私は、ずっとチャンピオンファンなのです

そのなかでもお気に入りのスウェットは
こんなにボロボロに・・・

チャンピオンのスェットシャツ

でもね、ループ織りのスウェットは
古くなったらパジャマ代わりに・・・
もっと古くなったらウエスに・・・
と、つぶしのきく素敵な野郎なのです