救急車が有料化か?

あなたは、救急車を呼んだ事 ありますか?

救急車って余程の事がないと呼べるものじゃありません。
ましてやご近所さんのことなど考えると、
おいそれと呼べるもんじゃございません。
しかし最近では不搬送がとても増えているのです。


なんと救急車の不搬送が10年で1,5倍!モラルが問題に!


近年、「不搬送」が増えているとニュースで流れてきます。
緊急出動した救急隊が誰も運ぶことなく引き返す事例です


どうもタクシー代わりに電話しているようです
その多くが
・部屋にゴキブリが出た
・客が寝込んで帰らない
・病院でもらった薬がなくなった
・ペットの具合が悪い
・眠れないから・・・などなど。

便利屋か何かと勘違いしているようです
そんな冗談とも言えないようなイタズラ電話に近い電話などで
救急隊員達が振り回されているわけです


その中でも大阪消防局の調べでは救急搬送の2割が「不搬送」らしいのです

この間に重病患者が119電話をしているにもかかわらず
上記のような電話で救急車が振り回されていることを考えると
その間に本当に苦しんでいる患者さんが亡くなる可能性もあるわけです


現在、救急車は税金で賄われているので無料ですが
少子化が進み財政がパンク寸前の中
有料化の案も出始めているようです。
(ちなみに救急搬送一回にかかる金額は45000円だとも言われています。)
そうなると無駄な出動経費が抑えられ、救急隊員の疲労軽減になりますが
その救急車はお金持ちにしか使えないようになってしまいます。

もっとモラルを守って利用してもらいたいものですね。



それなら自分の車で行けばいいじゃん!



救急車が来ないんだったら自分の車で病院に行けばいいじゃん!
そう思った、あなた。

それ間違ってます。

実際、119番から救急搬送された場合ですと救急車内から救急隊員がリアルタイムに
患者の症状などを病院側へ情報を送っています。
その情報を元に病院の先生方が救急処置室に必要な機材などを準備していきます
ですから救急車が病院へ到着した頃には、
緊急治療の対策が出来上がっているわけです


もし仮に自動車で病院に乗り付けた場合を考えてみましょう。
病院側からすれば救急搬送意外での対応については
緊急対応の必要性を持たないと判断されて長時間待たされる可能性があります
先に患者さんがいればしばらく待たされてから問診が始まり
検査その後治療となります。
病院によって、その日は薬をもらって帰らされる場合もあるかも知れません。


脳出血を発症した私から言わせれば
脳出血発症後1時間後の治療と2時間後の治療とでは
天と地の差があります
その後のあなたのリハビリを長年苦しめる事になるからです


絶対に病院へ車で駆け込むより救急車を呼んでくださいね。
もし、何事もなければそれはそれで良いではないですか。

後でご近所さんに
「いや~早合点して救急車呼んじゃいましたわ~
お騒がせして申し分けない」

って笑い話ですみますから。