CA3I0019

個室に移って二日目の朝を迎えました。

寝不足です。眠いです
結局、朝方までリハビリをやっていました
学生時代以来の猛特訓です。

・・・アホですね。

6:00 起床
看護婦さんが起床とともに巡回に来てくれます
血圧を測りながら目にペンライトを当てて瞳孔をチェックしております
「目が充血していますね。やっぱり眠れなかったのですね
大丈夫ですか?」

8:00 朝食です
今日は10分過ぎても朝食が運ばれてきません
ど、どうしたんだ~
しばらくして、遅れてきた朝食が目の前のテーブルに置かれる。

牛乳が朝食と一緒に出されるのですが
牛乳があんまり好きじゃないので
コーヒー牛乳に替えてもらった。

そもそも、ご飯に牛乳ってありえないでしょ
えっ、あなたは大丈夫なのですか?

全てのお皿の蓋を麻痺した左手で取ろうとします
ブルブルしながら私の左手が蓋を取ろうとしますが思うように取れません

悔しくてもう一度蓋を掴むとなんとか持ち上げることが出来ました

しかし、その手のコントロールがまだ出来ません
なんとか蓋を近くに置き
もう一つのお皿の蓋を・・・

全ての蓋を取り終え、食事です
麻痺をした左の口からご飯が
こぼれ落ちないように意識しながら咀嚼していきます



朝食は、もちろん完食~!

完食




朝食を下げてもらって
再びリハビリです

昨夜の意識トレーニングを使った
麻痺をした左腕と左足のリハビリを復習します


途中、看護婦さんの定期巡回で
ペンライトで瞳孔確認、体温、血圧測定。
その後、
両腕を上げてみて下さい
両足を上げてみて下さい


え~っ、上がってるぅ~
(フフッ どーだい)

それじゃ私の手を思いっきり握ってみて下さい
はい、わかりました
(まだ麻痺をした左手には、ほとんど力が入っていません)

平昌オリンピックが始まりましたよ、
テレビカード良ければ買ってきましょうか?

と言ってくれる

ありがとう、今はいいや、
それより不要になった紙とペンがあれば貸してもらいたいんだけど・・・


看護婦さんが不要になったA4の用紙数枚とボールペンを持ってきてくれました

ボールペンは貰い物だからあげるわ」・・・と

よく見ると製薬会社名の入ったボールペンでした
でも、ありがとう~

麻痺をした左指のリハビリ開始


さて、必要な道具も揃いましたので
次のステップ、左指のリハビリに移ります。


先程、看護婦さんからもらったボールペンを左手に持ち
A4用紙に縦線、横線を書きます
次に数字を書いてみます
もう、とんでもない今までに見たこともない象形文字です。

ショックを感じたまま右手で持ったペンで
麻痺した左手の甲、手のひら、指をなぞって行きます

次に、そのペン先で、
麻痺した左手の甲、手のひら、指を軽く突いていきます。

(なんとなく刺激を受けているのが分かります)


右手で補助しながら左指でペン回しをします
親指と人差指とで挟んだペンを中指に送ろうとしますが
「ポテッ」とベッドの上に落ちます

何度やっても落ちてしまいます


数回やっても思うようにならないので
今度はコイン回しを始めます

指折り、グーパーをします

そうだ、ボタンをかけたり外したりをします
しかし、まだ指がボタンを上から押し付けているだけで
掛け外しには、時間がかかりそうです

疲れたら、しばらく指伸ばしをします

これが今日のセットです。




             つづく